ミノキシジルタブレットとプロペシアの組み合わせレビュー

ミノキシジルタブレットとプロペシア

中でも最も効果が高いと言われるリアップとプロペシアの組み合わせです。

この組み合わせが、効果が高いと考えられている理由は、脱毛ホルモン(DHT)を抑制する成分フィナステリド(プロペシアの成分)と、育毛促進に効果があるといわれるミノキシジルの成分が同時に働くからです。

脱毛を抑え、育毛を促進するというダブルの効果が得られます。

特にミノキシジルタブレットを用いることで、発毛の効果はぐっと高まります。

プロペシアとはどんな薬か?

フィナステリドの代表的な商品は、プロペシアです。

医薬品『プロペシア』は、米国メルク社が開発し、現在すでに世界60カ国以上で承認されている医薬品です。

男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)として、日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始しました。

2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年には製造販売承認がおりています。

同年12月には国内でも正式に販売されるようになりました。

承認を受けたのは、フィナステリド0.2mg と1.0mgを含んだ薬で、「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類として販売されています。

発売当初は夢のような発毛薬として紹介され、一世を風靡しました。

当時は目新しい薬であったためか、取り扱い医療機関もかなり数が多くなり、現在では10,000件以上のクリニックや病院で手に入れることができます。

取り扱っている医療機関も多く、そのため大変信頼がある薬であることは間違いありません。

ミノキシジルタブレットとはどんな薬か?

ミノキシジルタブレットは、正確には薬の名前ではありません。

ミノキシジルを含んだ錠剤型の薬を、一般的にミノキシジルタブレットと呼んでいるようです。

ミノキシジルは、発毛効果がある医薬品成分として非常に有名で、日本ではリアップという名前で大正製薬から発売されている薬に使われています。

リアップは育毛剤で、ミノキシジルタブレットではありません。

では、ミノキシジルタブレットは日本でどのような名前で販売されているかというと、実は正式に承認を受けて販売されているミノキシジルタブレットは日本はありません

海外では、「ロニテン」という名前でミノキシジルタブレットが流通していますが、これもまた薄毛治療薬ではなく、「高血圧の治療薬」として処方されています。

日本ではミノキシジルは、育毛剤としての利用でのみ承認がされており、ミノキシジルタブレットは正式に承認を受けていません。

そのため、ミノキシジルタブレットを入手する場合は、海外から個人輸入をしているのが実態です。

個人輸入の多くの薬はジェネリック医薬品となっていて、このジェネリック医薬品のミノキシジルタブレットであれば、様々な名前で販売されています。

そこで販売されている、代表的なミノキシジルタブレットが「ノキシジル(Noxidil/Noxidil Forte)」です。

タイの会社が製造しているミノキシジルタブレットとなります。

個人輸入以外でミノキシジルタブレットは手に入るか?

日本で正式に承認を受けていないミノキシジルタブレットですが、個人輸入で海外から購入する以外にも方法はあります。

それは、日本の薄毛治療専門のクリニックに行くことです。

場所によりますが、ミノキシジルタブレットを処方しているクリニックも最近増えてきました。

効果が高いのは事実ですが、安全面も考慮して現在では、ミノキシジルを薄毛治療のために内服する使い方は、正式な使用方法として承認を受けていません。

しかし、医師はある程度自身の判断で治療薬やその使い方を判断でき、水面下では使用の実績も増えてきているため、薄毛専門のクリニックを中心に少しづつ国内で利用ができるようになっている、という状況です。

ただし、クリニックのミノキシジルタブレットは値段が高いことと、場合によってはフィナステリドがすでに配合された、ミノキシジル+フィナステリド配合のオリジナル薄毛治療薬、などになっていることもあります。

詳細は、クリニックの医師に聞いてみなければなりません。

ミノキシジルタブレットとプロペシアの組み合わせレビュー

ミノキシジルタブレットとプロペシアの組み合わせによるレビューとしては、かなりの確率で発毛が実感できます

Webで他の人たちのレビューを見ても、多くの方が発毛を実感できたという報告をしているほか、プロペシアだけを服用するよりも早く発毛を実感できた、という報告もあります。

プロペシアはAGAの原因を阻害するだけですので、AGAの悪影響をストップ→発毛、という流れで効果を発揮することになります。

そのため、プロペシア単体だと発毛するまでに少し時間がかかります。

一方でミノキシジルは発毛の効果があるので、すぐにというわけではありませんが、割と早い段階で髪の毛に少しづつ変化が出ます。

さらに効果が強くなるミノキシジルタブレットであれば、同じようなスピード間で、かつそれなりに発毛を実現してくれるでしょう。

プロペシアによる原因のブロック+ミノキシジルタブレットの強力な発毛パワーによって、このようなレビュー結果が多く報告されていると考えられます。

ミノキシジルタブレットとプロペシアの組わせの際の副作用

一方で注意すべき点としては副作用です。

育毛効果を認められているミノキシジルなのですが、その効果が高い分、副作用も強く出てしまうことがあります。

副作用の一つとして、血圧が少し下がるような症状があります。

何かの拍子に一気に血圧が下がると、脳が血圧を保とうと、反射的に血圧を上昇させる働きが上がります。

すると心拍出量は増加し、心臓がバクバクするなどの症状が発生します。

ミノキシジルタブレットの利用で特に、心臓がバクバクするなどの副作用が報告されることがありますが、背景はこのような薬の働きによるものです。

もちろん、内服薬としても使われている薬ですので、飲むと危険ということではありませんが、人によっては上記のような副作用を感じる方もいるかもしれません。

そのほかにもミノキシジルタブレットは、狭心症や動悸、不整脈が起こりやすくなるなどの懸念もあるので、心臓が弱い方などの使用は推奨されていません。

ミノキシジルタブレットの利用の場合は、副作用に十分注意しましょう。

一方のプロペシアの場合は、代表的な副作用はEDや性欲減退などです。

両方を組み合わせるということは、この両方の副作用が出てくることになりますので、注意が必要ですね。

2018/12/13