ミノキシジルタブレット USA製 (元 米国Mutual Pharmaceutical製)の紹介

ミノキシジルタブレットとミノキシジルタブレットUSA製(元Mutual Pharmaceutical製)の特徴

*ミノキシジルタブレットとミノキシジルタブレット(Mutual Pharmaceutical製)は、2018年現在は製造元がSun Pharmaceutical Industries, Inc.へ変更しています。

*ミノキシジルタブレット2.5mg(Sun Pharmaceutical Industries製)は、2018年9月現在、発売が中止となっております。
ミノキシジルタブレット2.5mgをご検討される場合は、Lloyd製のミノキシジルタブレット2.5mgをご購入ください。
Lloyd製ミノキシジルタブレット2.5mgの購入はこちら

ミノキシジルタブレットUSA製は、もともとはMutual Pharmaceutical社(アメリカ)によって製造されていたミノキシジルの内服薬です。

2018年現在は、Sun Pharmaceutical Industries, Inc.によって製造がおこなわれています。

ミノキシジルの成分は、毛細血管を拡張させ、血圧を下げる作用があるので、もともとは高血圧治療のための血圧降下剤として用いられてきましたが、医薬品として使われていた時に、この副作用で患者の発毛が見られたことから、髪の再生にも利用できるのではないかという発想で育毛剤として活用されるようになりました。

そして現在では、頭髪の育毛にも効果があることが認められ、育毛剤の主要な発毛成分として脚光を浴びるようになりました。

ミノキシジルタブレットUSA製の成分は、ミノキシジルの働きにより、頭皮の血流が促進され、血液で毛根の深層まで十分な栄養を行きわたらせることができます。

脱毛を抑え、髪の成長を促す効果が期待されています。ミノキシジルタブレットUSA製は、ミノキシジルが2.5mg配合されたミノキシジルタブレット2.5mgと、ミノキシジルが10mg含有されミノキシジルタブレット10mの2種類があります。

用法用量は、1日の服用量を1回にまとめて、あるいは朝夕などの2回に分けて、いずれでも服用できます。最初に飲み始めるなら、1日服用⒑mgとして、0.5錠(2分割)しておくのが推奨されています。

それから少し慣れたら1日服用量⒑mgの2錠まで増量していきます。少しずつ増やしていくことが良いでしょう。

ミノキシジルタブレットUSA製のメリットとデメリット

ミノキシジルタブレットUSA製は、他のミノキシジルのジェネリック薬の製品に比べると少し高めの値段設定になっています。それでも人気なのは、アメリカ製で信頼度が高いというところです。

製造元であるSun Pharmaceutical Industries, Inc.は、もともとはインドから始まった製薬会社ですが、現在は40か国以上の国に製造拠点を持ち、150か国以上に商品を展開する、製薬企業大手です。

そして、このミノキシジルタブレットUSA製は、Sun Pharmaceutical Industries, Inc.のアメリカ製造拠点で製造されているのです。

国ごとに薬の製造については厳しいルールがありますが、アメリカは非常にルールが厳しい国の一つです。

そのような環境で作られているミノキシジルタブレットですから、ほかの同じ成分の薬と比較しても、品質が安定して信頼できる製品であると考えられているのです。

そして、このミノキシジルタブレットUSA製の、もう一つはミノキシジル配合量が2.5㎎と低配分の商品があることです。

一番濃度の低い、2.5mgなので 初めてミノキシジルタブレットを使われる方にオススメです。

まずは低濃度で試したい方でもこれなら安心して使用できます。

特にミノキシジルは、血圧下降薬として用いられたこともあり、急な高濃度での開始はオススメできません。

副作用がゼロとは言い切れませんので、まずはこの2.5㎎程度から、少しずつ濃度を上げるのが良いでしょう。

ミノキシジルタブレット10mg(Mutual Pharmaceutical製)

そのためこのミノキシジルタブレットUSA製は、初めての方に向いているサプリメントです。

このように人気のあるミノキシジルタブレットUSA製ですが、他社のジェネリック薬海外製品よりはやや高めの設定となっています。

価格としては5,000円前後なので約1,000円ぐらい高いです。

2018/09/12