リグロースラボM7α(Regrowth Labs)の特徴と効果



海外で発売されるミノキシジル系育毛剤は様々種類がありますが、最近ではリグロースラボM7αという育毛剤が注目されています。

ミノキシジルを7%という高濃度で含んでいて、かつそのほかにも、様々な発毛効果の期待できる成分が含まれているのです。

ミノキシジル育毛剤を検討するのであれば、リグロースラボM7αは必見でしょう。

価格も安いので長期利用しやすいということも期待の理由の1つでしょう。

このリグロースラボM7αがどのような育毛剤なのか、その効果や安全性はどうなのかなどを調べてみました。

リグロースラボM7αとは

リグロースラボM7αはアメリカで販売されている育毛剤です。

日本では発売許可が出ていません。

そのためリグロースラボM7αを購入しようと思えば個人輸入しかありません。

とは言え、今はネット社会なので個人輸入はわりと簡単に行うことができます。

代行してくれる会社があるので本当の個人輸入は辛いという場合でも安心です。

日本では現行でミノキシジルの配合成分は5%が最大濃度となっています。

リグロースラボM7αはミノキシジルが7%含まれているので、日本製育毛剤では望めないさらに高い効果の発毛や育毛が期待できるのです。

リグロースラボM7αの育毛成分

リグロースラボM7αに含まれている育毛成分について解説します。

やはりなんと言っても注目したいのはミノキシジルです。

しかしその他の成分も発毛や育毛のために考えられて配合されています。

それぞれの効果を知っていれば全体でどのような育毛剤として整えられているかを理解することができます。

ぜひ知っておきましょう。

ミノキシジル7%

ミノキシジルは日本の厚生労働省が発毛効果を認めた成分です。

ただし、もともとが血管拡張のための薬だったので体に与える影響も大きく、日本では5%配合までしかまだ認められていません。

ただ、育毛剤は外用薬であり、直接口から飲む内服薬よりも危険性は少ないと考えられます。

そのため、日本よりもミノキシジル研究で先を行っている海外では高濃度ミノキシジルの外用薬がすでに多く発売されています。

リグロースラボM7αもそういった製品の内の1つです。

リグロースラボM7αにはミノキシジルが7%含まれています。

2%差ではありますが、濃度が高くなっており、その分ミノキシジルの効果が高くなっています。

アゼライン酸

アゼライン酸はAGAの主原因と言われているDHTを生成する5-α還元酵素を抑制する働きがあるとされる成分です。

その他にメラミンの生成を抑え、ニキビ抑制にも効果があるとして美白化粧品などにも使われています。

育毛剤の成分としてはまだまだ実績は少ないですが、働きとしてはプロペシアに含まれるフィナステリドと同じようなものであり、育毛効果が期待されています。

トリペプチド-1銅

トリペプチド-1銅は劣化したタンパク質を修復する効果がある成分です。

髪を支える土台である頭皮環境の改善が期待できます。

薄毛の原因の多くが頭皮環境の悪化であるとされています。

そういった問題点を改善するための成分です。

Trichogen(トリコーゲン)

Trichogen(トリコーゲン)は、ドイツの有名な化学メーカーの開発した育毛成分で、アミノ酸やビタミン、オタネニンジンエキスなどがブレンドされたものです。

効能としては髪の修復と細胞の活性化になります。臨床実験では抜け毛の減少や髪が成長しやすくなるなどの効果が報告されています。

リグロースラボM7αの特徴

リグロースラボM7αの発毛や育毛以外の特徴をまとめてみました。

育毛剤として使いやすい製品は、単に発毛や育毛に関する効果がよければいいというものではありません。

成分が強すぎて頭皮が荒れてしまえば結果として薄毛を促進してしまいます。

また、発毛や育毛の効果が出るためには最低でも半年は必要とされています。

続かないと意味がないのが育毛剤です。

かゆみの原因を排除

リグロースラボM7αは、育毛剤で問題となっているかゆみの原因であるプロピレングリコールが使用されていません。

その他の刺激成分も排除しています。

いくら効能が高い育毛成分を揃えても、頭皮環境が荒れてしまっては意味がありません。

頭皮にやさしい育毛剤と言えます。

コスパのよさ

リグロースラボM7αは大変コスパのいい育毛剤です。

高い効果を誇るミノキシジル育毛剤は、基本的に高価です。

しかしリグロースラボM7αは1本60ml入でほぼ30日分、価格は現在3,800円です。

無理をせずに続けられる現実的な価格です。

育毛剤は長期の購入を前提に考える必要があるのでコスパのよさはとても大切です。

リグロースラボM7αの効果

リグロースラボM7αの効能のメインはミノキシジルです。

ミノキシジルは厚生労働省も認めた発毛成分です。

そして日本の育毛剤に使われているミノキシジルよりも高い濃度の7%となっています。

リグロースラボM7αには発毛、育毛効果をより促進する工夫もされています。

それがリポソーム技術です。

リポソームは表皮と細胞それぞれに親和性を発揮して浸透力をアップする技術です。

つまり、高濃度の発毛成分と高い浸透率で、発毛や育毛の効果を強化した育毛剤なのです。

リグロースラボM7αの総評

リグロースラボM7α特徴は、高濃度ミノキシジルと頭皮にやさしい成分、そしてコスパのいい価格設定です。

総評としてリグロースラボM7αは、今までの日本製の育毛剤よりも高い効果を発揮しながらもお財布にやさしい育毛剤と考えることができます。

ただ、ミノキシジルは強い成分なので、副作用などが出ないかどうか、注意しておくとよいでしょう。

現在ミノキシジル商品は、全品クーポンが利用できます

クーポンコード:RDZHHXG5

■クーポンコードは8月1日〜11月30日に限り有効です。
■対象商品を1つ以上購入された方が対象です。
■お1人1回限り (対象商品の複数注文可)有効です。
■他のキャンペーンではご利用できません。
本キャンペーンのみ有効です。
■使用には販売サイトへの会員登録が必要です。