ミノキシジルの効果・副作用の紹介

ミノキシジルタブレットや育毛剤など、薄毛治療ミノキシジルの紹介

【フィナステリド育毛剤が登場】リグロースラボ(Regrowth labs)FIN25の効果と特徴を紹介


AGAの治療薬として有名な薬と言えばプロペシアです。

プロペシアに含まれる成分はフィナステリドで、フィナステリドはこれまでは主に内服薬のみに利用されていました。

しかし、このフィナステリドを0.25%配合した育毛剤ローションである「リグロースラボ(Regrowth labs)FIN25」が、アメリカのSapphire Healthcare LLCより発売されました。

フィナステリドが外用薬に含まれることは珍しいく、内服薬に抵抗のある方を中心に注目を集めている育毛ローションです。

この記事ではこのフィナステリド配合の育毛剤ローション「リグロースラボFIN25」の効果やその特徴について説明します。

育毛剤ローション「リグロースラボFIN25」の特徴

まずは、育毛ローションリグロースラボFIN25の特徴を4つご紹介します。

医薬成分フィナステリド0.25%配合

まずはリグロースラボFIN25の主役の成分である、フィナステリドです。

フィナステリドは、錠剤タイプの育毛治療薬として使われているプロペシアの主成分です。

元は、前立腺肥大の治療薬として使われていました。

後に育毛効果もあることが証明されたため、現在では育毛剤としても使用されている医薬品です。

日本では、2005年に男性型脱毛症(AGA)の治療薬として承認されています。

また、日本皮膚科学会のガイドラインにも、フィナステリドがAGAの治療に適しているという記載があり、推奨度はもっとも高くなっています。

フィナステリドはAGAの治療薬として、薄毛を改善することができる優れた成分です。

そして、その医薬成分フィナステリド0.25%を配合したのが育毛ローションリグロースラFIN25です。

プロピレングリコール(PG)不使用で頭皮に優しい

育毛剤は頭皮から有効成分を吸収しますが、その分頭皮へ刺激を与えることになり、頭皮が痒くなるような副作用が出ることもあります。

例えば、育毛剤で有名なポラリス(販売終了)を試したけど頭皮が痒くなってしまい、使用を断念した方もいるかもしれません。

しかし、このような育毛剤で過去にトラブルを抱えた経験がある人でも使える可能性があるのが、リグロースラボFIN25です。

なぜなら、このリグロースラボFIN25は、頭皮の痒みの原因と言われているプロピレングリコール(PG)*が含まれていません。

(*プロピレングリコールは、無味無臭で保存効果があり、多くの化粧品や加工食品などにも使われている、有名な添加物です。)

そのためリグロースラボFIN25は、頭皮に優しく低刺激の育毛ローションです。

育毛治療は長期に及ぶため、プロピレングリコール不使用のリグロールラボFIN25は安心して長期にわたり使用ができるでしょう。

FDAの定める基準をクリアした製造施設

リグロースラボシリーズの製造元である、Sapphire Healthcare LLCは、米国食品医薬品局(FDA)にてcGMP(製造品質管理基準)を満たしている工場で、このリグロースラボシリーズを製造されています。

cGMPとは、Current Good Manufacturing Practiceの略です。

商品が完成するまでの工程(原料仕入れ、製造、出荷)が厳しく基準が設けられています。

そのため品質が保たれて商品が製造されるため安心して使用できるでしょう。

リポソームテクノロジーが吸収力を高める

リグロースラボFIN25では、頭皮へ成分の吸収力を高めるために「リポソームテクノロジー」導入されています。

リポソームテクノロジーとは、がん治療や化粧品などで使われている、有効成分を必要な箇所に効率よく届けるために開発された技術です。

具体的には、有効成分をカプセル状に閉じ込め、人間の細胞と同じように整列させる技術です。

そうすることで、有効成分を毛穴の奥までしっかりと届けることができ、じっくり有効成分を浸透させることができます。

この浸透力をアップさせる効果が、育毛剤でもリポソームテクノロジーを活用することで、育毛効果が出やすい言われている理由です。

フィナステリドを頭皮で塗布した場合の効果


おそらく、今回のこの育毛剤で焦点となるのが、本来は内服薬として利用されているフィナステリドの育毛剤としての利用です。

一般的に育毛にかかわる成分であるミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドなどは、外用よりも内服のほうが効果が強くなると言われています。

そのため、育毛剤としてフィナステリドを利用した場合、どれぐらいの効果になるかというのは、この育毛剤を購入する際に気になるところです。

海外の調整によるフィナステリド外用利用の効果

今回調べた結果、ある海外の研究調査が見つかりました。

その調査からすると、ある程度フィナステリド内服で発毛効果を出した患者において、ミノキシジルとフィナステリドが含まれた育毛剤を利用することで、フィナステリド内服の継続利用中止しても、毛髪を維持できる可能性がある、とのことでした。

研究では、もともと2年近くミノキシジル外用とフィナステリド内服で治療をした患者に対して、フィナステリド内服をストップし、ミノキシジルにフィナステリドが含まれた育毛剤を利用して、その後の経過をチェックしています。

また、一部の患者はフィナステリドも含めすべての治療を1年弱終了し、その後ミノキシジルとフィナステリドが含まれた育毛剤で治療を開始し、その効果をチェックしています。

これらの研究を行った結果、フィナステリド内服をストップしたとしても、ミノキシジルとフィナステリドが含まれた育毛剤を利用することで、多くの患者の髪の毛を維持することができたとのことです。

また、完全に治療をストップしたあとに、ミノキシジルとフィナステリドが含まれた育毛剤を利用した結果、髪の毛が生えてきたことも確認したとのことです。

研究のため、非常に限定的な調査にはなっていますが、少なくともフィナステリド内服を止めて外用に切り替えても、発毛を維持し続けることはできる可能性が高いでしょう。


今回確認した海外論文:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4314881/

フィナステリドは頭皮からも吸収できるのか

実は不思議なことに、フィナステリドの外用の効果については、日本皮膚科学会のガイドラインでは一切触れられていません。

理由は不明ですが、おそらく日本ではまだ研究実績が乏しく、学会レベルで引き合いに出すことができないと考えられます。

しかし、他のフィナステリドに関する情報から、フィナステリドの外用で成分を吸収できるかどうか、推測することできます。

フィナステリドの取り扱い方法で、「特に妊婦は、フィナステリドに触ってはいけない」というところがポイントです。

もともとフィナステリドは、女性は利用できない成分として知られています。

ホルモンなどにかかわるような成分のようで、女性は利用ができず、また妊婦については胎児へも悪影響をおよぼす可能性がるともいわれています。

さらに、その取扱いのところで、特に妊婦は「触ってはいけない」、という表現までされているのです。

ここから推測できることは、「フィナステリドは肌からも吸収する」だろうということです。

もちろんその吸収度合いは不明で、内服よりも大きく劣ると思われます。

しかし、一定吸収し、その効果を発生させる可能性があるからこそ、「触ってはいけない」と言われていると考えられます。

海外の最新の研究の結果や、上記のフィナステリドの取り扱いに関する情報からすると、フィナステリドの外用は、フィナステリド内服よりは劣るが一定の効果を発揮すると考えてよいでしょう。

育毛剤ローション「リグロースラボFIN25」の成分

リグロースラボFIN25には、下記の成分が含まれています。

有効成分 フィナステリド 米国薬局方 0.25% w/w
その他成分 純水、プロパンジオール、変性アルコール、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン、ジメチルイソソルバイド、ピロ亜硫酸Na

*アルコールもまた頭皮のかゆみを引き起こす可能性がある成分と言われており、プロピレングリコールは含まれていませんが、リグロースラボFIN25を利用することで、人によっては痒みが出る可能性はあるかもしれません。

育毛剤ローション「リグロースラボFIN25」内容量

内容量は、1本60mlです。

1回2プッシュ(1ml)を1日2回、1本で約1ヶ月使用できます。

育毛剤ローション「リグロースラボFIN25」の使い方

育毛ローション剤「リグロースラボFIN25」の使い方をご説明します。

箱の中には、ボトル本体の他にスプレーノズルとスポイトの3つが入っています。

スポイトにもメモリは付いているの1mlを計って使えます。

使用手順は下記の流れで、1日2回使用するとよいでしょう。

  1. シャンプー後の清潔な頭皮の、薄毛の気になる箇所へ2プッシュ(1ml)
  2. 2〜4分間マッサージ
  3. 4時間以上洗い流さない

育毛剤ローション「リグロースラボFIN25」の使用上の注意

以下、事項にご注意して使用ください。

  • 本剤の使用後は手を洗ってください。
  • 定められた用法・用量を厳守してください。使用回数を増やしても効果は変わりません。
  • 目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
  • 傷、湿疹あるいは炎症(発赤)等がある頭皮には使用しないでください。
  • 胸痛や動悸が生じた場合は本剤の使用を中止し、医師の診察を速やかにお受けください。
  • 本剤は、火の気のない涼しい場所に保管してください。(20~25℃以下)
  • 子供の手の届かない場所に、保管してください。

また、下記に該当する人は、育毛ローション剤「リグロースラボFIN25」の使用はお控えください。

  • 本剤に含まれる成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
  • 未成年の方及び女性の方。
  • 心疾患を患っている方
  • 降圧薬を服用中の方

リグロースラボシリーズの効果的な使い方

リグロースラボシリーズは、「発毛促進」と「脱毛促進」を同時に行えるよう、2つのカテゴリーに分けた商品展開です。

発毛促進のカテゴリーに含まれるのは、以下の3種類です。

パッケージ 名前 有効成分 値段
リグロースラボM15[ミノキシジル15%] ミノキシジル 約3,510円
リグロースラボM7α[ミノキシジル7%+α] ミノキシジル、アゼライン酸、Trichogen(トリコーゲン) 約3,820円
リグロースラボM5[ミノキシジル5%] ミノキシジル 約2,510円

脱毛抑制のカテゴリーに含まれるのは、以下の2種類です。

パッケージ 名前 有効成分 値段
リグロースラボSP2[スピロノラクトン2%] スピロノラクトン 約2,410円

リグロースラボFIN25[フィナステリド0.25%] フィナステリド 約2,210円

どのような効果を育毛剤に期待するかによって、使い分けができます。

フィナステリドが含まれる商品の一覧

フィナステリドが含まれている商品一覧です。

フィナステリド内服と比較検討をしている場合は、下記の商品と比較するとよいでしょう。

薬名(製造元) 成分量 30錠入り価格 100錠入り価格

プロペシア アメリカ版(MSD)
フィナステリド1mg 約5,454円
(*28錠入り)
なし

フィンペシア
フィナステリド1mg 約2,123円 約3,052円

フィナロ(1mg)
フィナステリド1mg 約1,624円 約2,437円

フィナバルド(1mg)
フィナステリド1mg 約1,996円 約2,977円

フィナロイド
フィナステリド1mg 約1,996円 約2,884円

フィンカー
フィナステリド5mg 約4,165円 約2,444円

また、フォリックスFR12は、ミノキシジルとフィナステリドを両方含んだ育毛剤となっています。

フォリックスFR12 金額:5,237円

リグロースラボFIN25の購入は以下からできます。

現在ミノキシジル商品は、全品クーポンが利用できます

クーポンコード:RDZHHXG5

■クーポンコードは8月1日〜11月30日に限り有効です。
■対象商品を1つ以上購入された方が対象です。
■お1人1回限り (対象商品の複数注文可)有効です。
■他のキャンペーンではご利用できません。
本キャンペーンのみ有効です。
■使用には販売サイトへの会員登録が必要です。