ミノキシジルの効果と副作用とは

ミノキシジルは薄毛治療の定番の成分となりました。

現在ではミノキシジル育毛剤のほか、ミノキシジルタブレットという内服薬も存在しています。

ミノキシジルにはどのような効果や副作用があるのか、改めておさらいしましょう。

ミノキシジルの効果は「発毛」

ミノキシジルは薄毛治療成分の中でも、唯一「発毛」を実現する成分です。

発毛効果というと、同じ育毛治療薬として有名な「プロペシア」にも同じような発毛効果があるのではないか、と思ってしまいますが、実は働きのメカニズムを詳しく見るとその違いが分かってきます。

プロペシアの「フィナステリド」はAGAの原因をブロック

飲む「毛生え薬」として話題を呼んだプロペシアですが、実際の効果をよく見ると、「毛生え薬」というと少し誇張しているような表現といえるかもしれません。

プロペシアに含まれる成分フィナステリドは、「AGA(男性脱毛症)」に効果を発揮する薬として発売されましたが、発毛型の薬というよりも、このAGAの原因解決型の薬なのです。

お笑い芸人である爆笑問題のお二人が登場し、「お医者さんに相談だ」というフレーズをリズムに乗せて歌っていたCMは非常に有名で、多くの方がご存知でしょう。

CMでは詳細はあまりありませんでしたが、当時プロペシアを製造販売していたMSD社が作っていた広報サイトでは、フィナステリドの薬の効果と同時に、AGAに関する情報も多く掲載されていました。

なぜなら、フィナステリドの効果を理解して納得しようとすると、AGAの理解が必要不可欠だからです。

AGA(男性型脱毛症)はなぜ起こるのか?

AGAというのは、一部の髪の毛が突然抜けるような症状ではなく、髪の毛の寿命が全体的に短くなっていき、1本1本が十分成長しきらず、抜け落ちてしまう症状が根底にあります。

また一度AGAになると、この症状は慢性的に発生するため、放っておいても状況が改善することはありません。

この慢性的に髪の毛が成長しづらい状態を作っているのが、「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる悪性の男性ホルモンです。

そしてこのジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって生成されることが分かっています。

フィナステリドの働き

フィナステリドはこの55αリダクターゼをターゲットにした薬です。

フィナステリドはこの5αリダクターゼの働きをブロックするため、フィナステリドを服用することで、AGAで髪の毛が育ちにくい状況を、髪の毛が成長しやすい環境へもう一度戻すことができるのです。

注意点としては、発毛という働きはなく、髪の毛が生えやすい環境に戻す、というところです。

最終的に髪の毛がまた生えてくるのは、本人の髪の毛の成長力によるものとなっています。

フィナステリドの治療に関する注意点で、あまりにも高齢の方には効かない、という文言を見かけますが、これは高齢になると体に備わっている髪の毛を成長させる力が既に弱っており、AGAによる髪の毛が生えにくい環境を解消したとしても、髪の毛が生えてこないことがあるからです。

なお、最新の育毛成分と呼ばれている「デュタステリド」も、このフィナステリドと同じような働きをします。

髪の毛を生み出すミノキシジルの力

フィナステリドの働きとAGAの仕組みがわかりましたが、一方のミノキシジルの効果は非常にシンプルです。

直接、髪の毛を生やす効果があります。

人によって効きづらかったり、効果に差があるため、納得がいくほど髪の毛が生えてこないということもありますが、理論上は多くのケースで大なり小なり発毛効果が確認できます。

多くの臨床試験によってその安全性と効果については報告がされており、様々な状況でミノキシジルが育毛効果を発揮することが証明されています。

ミノキシジルの具体的な働き

実はミノキシジルの具体的な働きは、まだ不明なところが多いとも言われています。

一説では、ミノキシジルには血管拡張の効果があることから、頭皮の血流が改善し、それによって毛根に栄養素が行きわたりやすくなり、髪の毛が生えるようになる、といわれています。

しかし、ミノキシジル以外にも血管拡張効果を持つ成分は様々ありますが、どれも髪の毛を生やす効果は確認されていません。

血管を拡張し血流をよくする薬の中でも、ミノキシジルのみが発毛効果があります。

その点を考慮すると、血管を拡張するだけでは、髪の毛を成長させることは難しく、ミノキシジルには他に何らかの特別な発毛効果がある、と考えられます。

ミノキシジルを利用することで毛根の細胞分裂が活性化され、それによって毛根から新しい毛根を生み出すことができ、結果的に髪の毛が増えるという見方もあります。

血管のさらに先にある毛細血管が増えていることを報告する調査もあるため、髪の毛に栄養をしっかり運ぶだけでなく、毛根自体を増やしている可能性も十分あり得ます。

また、ミノキシジルが体内で働く際に、アデノシンと呼ばれる成分が生成されることはほぼ確定しています。

そして、資生堂がそのアデノシンを活用したヘアケア製品を開発し、アデノゲンというブランドで現在発売しています。

ところが、アデノシンはいまだに医薬品成分としての認可をとっておらず、「医薬部外品」という、化粧品と薬の間ぐらいの扱いで商品を販売しています。

もともと資生堂が化粧品の会社であり、医薬品の販売ルートなどがないため企業の都合上、そのような扱いをとっている可能性も0ではありませんが、成分の効果が強いと処方薬に切り替えるなど対応を迫られるはずです。

現在でもこのアデノシンが薬として取り扱われず、普通に店舗で購入できる医薬部外品の扱いを受けている状況を見ると、やはりそこまで効果と副作用が強くないものと考えられます。

つまり、ミノキシジルが作用する際に生成されるものの一つにアデノシンがあり、働きとしても髪の毛の育毛に関連することなので、この成分がミノキシジルの発毛効果に大きく関わっていそうなのですが、実際はアデノシン単体ではミノキシジルと同等の効果を発揮せず、やはりミノキシジルにしか発毛効果は期待できない、という結論になるのです。

このように、ミノキシジルと似たような働きをする成分や薬と比較して、ミノキシジルの発毛の働きを明らかにしようとする調査はずっと行われていますが、今のところ、ミノキシジルでなければやはり発毛は実現せず、逆に言うと、唯一ミノキシジルのみは発毛を実現できる成分でもあるのです。

髪の毛だけでなく全身の毛を生やす効果も

もともと高血圧の飲み薬として開発され、臨床試験中に患者から体中の毛が多くなった、という報告があったところから、ミノキシジルの育毛としての活用は始まっています。

日本ですとミノキシジルは育毛剤としての利用が主流で、その場合は頭に塗布するので、頭にのみ毛が生える効果が期待されます。

ところが、直接飲むミノキシジルタブレットなるものも、薄毛治療クリニックなどを中心に提供が行われています。

飲むほうが薬の作用が強くなり、全身に多毛症という怪我増える症状を伴うことが多いですが、確かに髪の毛も生えてくる、という声が多く、インターネット上などでもよく話題になっています。

この副次的な効果からも、ミノキシジルの発毛パワーの強さがうかがえます。

ミノキシジルは本当に安全なのか?

これだけ高い発毛効果を発揮してくれるミノキシジルですが、効果が強ければその分副作用も強くなる可能性もあります。

特に、重篤な副作用で体に後遺症が残ってしまうようなことがあったら、たとえ発毛効果があっても利用は控えたいと思う人は多いと思います。

具体的に、どんな副作用が考えられるのでしょうか?

使用方法を守ればミノキシジルは基本は安心

ミノキシジルは医薬品成分として認可を受けている成分ですので、基本的には使用方法を守れば副作用によって重大な被害を引き起こす確率はかなり低いでしょう。

まれに重篤な被害を引き起こすという調査報告もありますが、それは薬すべてが持つリスクといえますので、ミノキシジルの副作用のリスクとして特筆してあげるべきではないでしょう。

また、使用方法には外用薬として肌に塗布する方法と、内服薬として口から飲む場合があります。

日本では育毛のために利用するミノキシジルは肌に塗布する外用薬のみが認可を受けています。

ミノキシジルを外用薬として使用する場合は、かゆくなったり肌が荒れるなどの副作用はありますが、病院で診察を受けなければならないほど大きな副作用は、発生頻度も含めて少ないです。

そのため、ミノキシジル育毛剤は処方薬としてではなく、医薬品の中でも薬局で購入ができる部類の薬として取り扱われています。

一方で、内服薬として利用する場合は、その副作用には注意が必要でしょう。

アメリカなどの他の国では内服薬も承認を受けているため、飲むこと自体に問題はありませんが、副作用の影響も大きくなりやすく、また体の内部で支障をきたすような副作用になりやすいことが、注意しておきたい理由の一つです。

ミノキシジルタブレットの内服で考えられる副作用

ミノキシジルタブレットの内服の場合、全身にいくつかの副作用が考えられます。

よく言われている心臓バクバク(心拍数増加)の症状

まず、よく挙げられるのが心臓がバクバクする、という副作用です。

正確には、心拍数が増加している状態と考えられます。

心臓という大事な部位にかかわる症状で、非常に不安を駆り立てる副作用ですが、発生する経緯は以下と考えられます。

ミノキシジルの内服薬は、高血圧患者の薬として作られており、内服すると血圧が下がる効果があります。

しかし、通常の血圧の人が飲むと血圧が通常よりもさらに下がってしまった状態を引き起こします。

そして体の血圧が低くなると、血流を下から上へと押し上げる力が弱くなります。

全体的に血液が下へと溜まりやすくなりますが、そうすると最も大事な体の一部である、脳に血流が届きづらくなります。

体はこの状態を放っておけないので、心臓のポンプの力を強くし、低血圧状態でも正常と同じように上へと血が流れるようコントロールします。

そうすると、心臓はいつもよりも強く働き始めるため、心臓がバクバクとしている感覚になるのです。

心臓周辺に痛みが出る「心膜炎」

さらに、この心臓バクバク状態が継続すると、普段そこまで激しく動いていない心臓が激しく動くため、心臓を覆っている膜である心膜が擦れて炎症を起こすことがあります。

これは心膜炎という症状で、この心膜炎が発生してしまうと、心臓バクバクという感覚だけでなく、少し痛みを伴うようになってきます。

呼吸をしたりすると、それをきっかけに痛みが強くなったりするため、症状がでるとかなり気になる副作用です。

また痛みも伴うので、あらかじめ理解していなければ、心膜炎になり痛みが出てきた場合は、非常に不安な気持ちになる可能性もあります。

実は、この心膜炎はミノキシジルを内服した場合10%程度の確率で発生する副作用といわれており、飲んでいる期間なども多少影響はありますが、簡単に言えば10人に一人はこの心臓が痛くなる症状が現れるのです。

高血圧用の薬で、医師の指導のもと利用する処方薬ですので、これぐらいの副作用はあっても仕方がないかもしれませんが、髪の毛を生やすために心臓に周辺で痛みを感じ、怖い思いをするのであれば使いたくない、と思う人もいるでしょう。

ミノキシジルタブレットの服用を検討する場合は、このような副作用が発生することをしっかりと理解しておかなければなりません。

また、ミノキシジルタブレットをの先発薬である「ロニテン」の添付文書(取り扱い説明書)には、この心膜炎の発生頻度が10%とでています。

つまり、この心膜炎を発症する前の、心臓バクバクという症状(心拍数増加)の症状は、もう少し多くの人に現れる可能性があります。

ミノキシジル内服で気を付けるべきサイン

ミノキシジルタブレットの先発薬である「ロニテン」を製造しているアップジョン社(現・ファイザー)から提出されている添付文書(取り扱い説明書)を見ると、以下の兆候に気を付けるよう、記載があります。

(*ロニテンは高血圧患者用の薬として利用されており、高血圧患者を想定した兆候です。また、原文は英語であり、本文章はわかりやすいように日本語に翻訳しております。正確な情報は、原文を確認してください。)
http://labeling.pfizer.com/ShowLabeling.aspx?id=2199

1.心拍数増加

先ほど挙げた、心臓バクバクの症状と関わる心拍数です。

利用にあたっては、あらかじめ平常時でかつ安静にしている状態の心拍数を測定するように記載されています。

そして、服用中にも同条件で心拍数を測定し、1分間の心拍数が平常時より20回以上多い場合は、すぐに医師に相談するように書かれています。

2.体重増加

ミノキシジルの作用が働きすぎると体重の変化も、現れるといわれています。

体内に水分を維持しようとする作用があるため、ミノキシジルが効きすぎていると、体重が突然増えることがあります。

目安は2kg-2.5kg程度で、1㎏程度の増加であればよく起こるといわれています。

体重をチェックできるようであれば、こまめにチェックしておきましょう。

3.呼吸がしづらくなる

特に寝転がっていると、呼吸がしづらくなる症状がでる可能性もあるようです。

こちらも体内に体液が残ってしまっていることが原因です。

4.腕、肩、胸の痛み、消化不良など

心膜炎の症状は上記で述べましたが、心臓周辺の胸以外にも、腕などの痛みも、ミノキシジルタブレットを利用する際に気を付けるべき兆候です。

消化不良などの症状も出る可能性があります。

5.めまい、ふらつき、失神など

失神までいくとかなり危険な状態であることはわかりますが、めまいやふらつきなども、ミノキシジルの副作用の兆候としてでるサインです。

特に服用量などに起因して、このような症状がでるといわれています。

いずれの症状も、医師にすぐに相談すべき症状であるといわれています。

服用をすぐやめることはもちろん、症状が回復しなかったり危険と感じた場合は、医師に相談するようにしましょう。

ミノキシジル育毛剤なら安心して利用可能か?

上記はミノキシジルを内服した場合の症状であり、やはり内服をすると、その分副作用も強くなってしまいます。

では、ミノキシジル育毛剤であれば、どうでしょうか。

ミノキシジル育毛剤の場合でも、10人に一人ぐらいの割合で、副作用が出ている可能性はあるとのことです。

しかし、その副作用は主に肌に関わるもので、皮膚が熱くなったり、赤くなったり、かゆみ、かぶれなどが発生する症状でした。

もちろん、これらも副作用であり、発生すれば一時的にでも使用を中断すべき症状です。

しかし、それ以外で、心臓周辺で痛みを発生させたり、呼吸が苦しくなったり、めまいなど引き起こしたという報告はないようです。

つまり、副作用は確実にありますが、やはり内服で全身に成分を取り込むミノキシジルタブレットなどと比較すると、圧倒的にその症状は軽く、安心なのです。

ミノキシジルタブレットの内服は、日本でも一部のクリニックで薄毛治療として行っているところはありますが、日本全体ではまだ保険適用されたり、認可されているわけではないミノキシジルの利用方法です。

このあたりの副作用の大きさが一番のネックとなっており、専門として扱っている医師でなければ副作用の管理が難しいというのが、ミノキシジルタブレットがまだ薄毛治療のファーストチョイスになれない要因の一つでしょう。

2018/12/28