リアップとプロペシア、なぜこの組み合わせが推奨されるのか?

リアップとプロペシア

リアップは、CMなどでもよく見かける、男性型脱毛症(AGA)のための代表的な商品として一躍有名となりました。

実は男性型脱毛症(AGA)にとても効果があると言われるのは、リアップの配合成分のミノキシジルが、毛包に直接働きかけ、発毛、育毛、さらに抜け毛予防などにも効果があるからです。

外用薬なので、内服薬に比べると効果が弱い、効果が出るまでに時間がかかるなどのデメリットがあるとも言われていますが、根気よくつづければとても効果が期待できる商品です。

効果を実感するには数か月はかかるとも言われますので、途中でやめてしまわずに地道に使い続けることが大切です。

そしてこのリアップの効果をさらにあげるにはプロペシアを合わせることです。

プロペシアとの組み合わせることで、脱毛ホルモン(DHT)を抑制するフィナステリドと、育毛促進に効果があるといわれるミノキシジルの成分が相乗効果をもたらします。2つの効果を同時に得ることができるかもしれません。

そしてもう一つのプロペシアは内服薬の育毛剤です。

飲んで使える育毛剤で男性型脱毛症の最大の原因とされているDHTの生成を抑えます。

特に男性型脱毛症の最も大きな原因となる男性ホルモンの生成を妨げることができるので、生え際の薄毛に効果的です。

リアップとプロペシアを組み合わせる効果

リアップとプロペシアを組み合わせると次のような効果があります。

一つ目は、抜け毛予防と発毛促進の異なる効果が同時に得られることです。

リアップは、AGAに効果的なミノキシジルが配合されています。

発毛が促進され、生まれた毛髪の育毛へとつながります。

そしてプロペシアの男性ホルモンを抑制する効果により、抜け毛が減少します。

この2つのそれぞれの異なる効果が同時に発揮されます。

二つ目は、脱毛症の進行を妨げることです。

男性型脱毛症(AGA)は進行性の脱毛症です。

時間の経過にともなって、どんどん症状は悪化します。

これに対策するには早目の処置が大切です。

そこでこの2つの商品のダブル効果が進行を即効で妨げます。

三つ目はミノキシジルによる頭皮や体への負担が少なくなることです。

ミノキシジルは、基本的な副作用はそれほど多くはありませんが、ある程度の体への負担があるとも言われています。

そこでこの2つを服用することで、高濃度のミノキシジル商品を単独で使用するよりも、副作用のリスクを下げることができます。

四つ目がプロペシアは飲み合わせで問題がないといわれていますので安心です。

具体的な使用方法としては、リアップは1日2回、朝と晩がオススメです。

1日1回よりも効果があがります。

プロペシアは、1日1回1錠です。

どちらの商品も規定以上摂取しても効果が上がるわけではありません。

効果は同じです。かえって副作用のリスクを増してしまうので使用量を守った服用が推奨されています。

2016/08/05