ミノキシジルタブレットとプロペシアの組み合わせレビュー

ミノキシジルタブレットとプロペシア

中でも最も効果が高いと言われるリアップとプロペシアの組み合わせです。

この組み合わせが、効果が高いと考えられている理由は、脱毛ホルモン(DHT)を抑制するフィナステリドと、育毛促進に効果があるといわれるミノキシジルの成分が同時に働くからです。

脱毛を抑え、育毛を促進するというダブルの効果が得られます。

特にミノキシジルタブレットを用いることで、効果が高まり、即効性も期待できます。

フィナステリドの代表的な商品は、プロペシアです。

医薬品『プロペシア』は、米国メルク社が開発し、現在すでに世界60カ国以上で承認されている医薬品です。

男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)として、日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始しました。

2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年には製造販売承認がおりました。

同年12月には国内でも正式に販売されるようになりました。

「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類として販売されています。

このため大変信頼もある医薬品として使用にも安心感がもてます。

そのプロペシアの脱毛を抑える効果と、発毛力が高いミノキシジルタブレットは最も強力な組み合わせと考えられています。

ミノキシジルタブレットとプロペシアの組み合わせレビュー

ミノキシジルタブレットとプロペシアの組み合わせレビューとしては、多くの方が即効的な効果を報告しています。

やってみた方の感想としては、これまで1商品では得られなかった効果を、2商品の組み合わせ使用に変更するようになって、感じた。

そして髪が生え始めた。即効性があったなどの感想がありました。

特に数か月続けた結果、新しい髪が生えてきたのを明らかに実感したという方も多いです。

個人差はあるものの、実際に効果を感じている方は多いようです。

そしてプロペシアはクリニックなどでも処方されている医薬品なので安心して使用できたなどの感想も多いです。

一方で注意すべき点としては副作用です。

育毛効果を認められているミノキシジルなのですが、その効果が高いことが逆に心配となることがあります。

一気に血圧が下がると、脳が血圧を保とうと、反射的に血圧を上昇させる働きが上がります。

すると心拍出量は増加し、心臓がバクバクするなどの症状を感じる方も中にはあるかもしれません。

狭心症や動悸、不整脈が起こりやすくなるなどの懸念もあるので、心臓が弱い方などの使用は推奨されていません。

2016/08/05