ノキシジル(Noxidil)の紹介

ミノキシジルタブレットとノキシジルの特徴

ノキシジル(Noxidil)は、タイのT.O.PHARMA社により販売されているミノキシジルを主成分に含んだ錠剤(タブレット)です。

ノキシジルはロニテンのジュネリック薬としては最も知名度が高く、流通量が多い商品です。

ロニテンは、ファイザー社によるミノキシジル内服薬ですが、そのジェネリック薬として発売されました。

ミノキシジルタブレットは、ロゲインなどの外用薬と比べ即効性に優れ、短期間での発毛が可能だと評判の商品です。

主成分のミノキシジルには血管拡張作用があり、血流を良くする効果があります。

そのため発毛に必要な栄養分を頭皮のすみずみまで行き渡らせ、発毛を促す効果が期待されています。

ミノキシジルタブレットは、単体でも効果が十分期待できますし、男性の場合はフィナステリド系のフィンペシアやエフペシアと併用していただくことでより高い効果が期待できるとも言われています。

ノキシジルのメリットとデメリット

特にノキシジルが人気があるのは、いくつかの理由があります。

一つ目は、価格です。ノキシジルは比較的安価で購入できるのが特徴です。

例えば、ロニテンは1錠130~150円程度かかるのにたいして、ノキシジルなら40~50円程度と半額以下に抑えることができます。

基本的に長期間飲み続けることが原則とされている育毛剤について、この価格差はとてもありがたいことです。

1ヶ月1,000~2,000円程度差がでるので、1年間つづけるとなるとかなりの差が出てきます。

ジェネリックであり、試しに使用してみた結果、効果もそれほどの違いがないとわかっている人たちの多くは、継続して利用しています。

ミノキシジルタブレットにはいくつか種類がありますが、もし安いものを探している場合は、ノキシジルが一押しでしょう。

そしてもう一つの人気の理由は、タイの販売者であるTO Med社だからです。

タイと言えば、業界では美容健康商品では定評があります。

実際タイには、日本ではネットでもなかなかお目にかかれないようなミノキシジル系の商品がたくさんあります。

美容ニーズが高い国で、そこに対してメーカーが凌ぎを削っている環境で、非常に安価で良質な商品が沢山あります。

ただし、その人気をうまく利用して偽造品で儲けようとするような企業も、海外には多くいますから、商品を購入する際はしっかりと購入サイトをチェックすることが大切です。

ノキシジルの商品ラインナップ

ノキシジルは5mgと10mgの2種類があるので、症状や希望に合わせて選ぶことができます。

ノキシジル5mg

ノキシジル10mg

もし初めての方でいきなり高濃度のミノキシジルタブレットに不安を感じる方でも、5mgのほうであれば気軽にスタートすることができそうです。

そしてもう一つは販売量が多いので、納期がそれほどかかりません。

販売ルートによっては他の国から配達されることもあり、世界的に流通が広がっていることの証です。

すぐに始めたいという方でも簡単に入手できます。

ノキシジルのデメリットというわけではありませんが、全体的にミノキシジルタブレットは体毛が濃くなるなどの症状が見られる場合もあります。

特に気になる方はご注意下さい。

ノキシジルの使い方

ノキシジルの1日の最大服用量は、100mg(5mgの場合20錠、10mgの場合10錠)とされています。

服用回数は2回となっているので、例としては最大で朝夕それぞれ50mgの服用となります。

しかし、通常はもっと少ない用量を服用します。

1日20mgぐらいが平均で、10mgを朝夕に飲むのが一般的です。

必要に応じて服用量を増やすことは可能ですが、必ず身体に薬の成分を慣らさせながr服用する必要があります。

服用のイメージとしては、下記のようになります。

最大服用量 1日目 2日目 3日目 4日目
5mgの場合 5mg 5mg 5mg 5mg
20mgの場合 5mg 10mg 10mg 20mg
40mgの場合 5mg 10mg 20mg 40mg

*100mgを服用する場合は、更に3日ぐらいかけて徐々に服用量を増やすことをお勧めします。

*上記の服用量は海外で紹介されている用法を参考に作成しています。国内の服用は医師や薬剤師の相談をお勧めします。

ノキシジルの副作用

ノキシジルは内服型ミノキシジルであるロニテンのジェネリックです。

そのためロニテンの副作用とおおよそ同じと想定されます。

ロニテンは海外製のため英語となっていますが、販売やFDAの承認に当たって必要な副作用の報告が、薬の添付文書で紹介されています。

ロニテンの添付文書(英文)

ノキシジルの副作用を理解するにあたっては副作用の発生頻度を理解しておく必要があります。

ノキシジルの副作用を理解するにあたっては副作用の発生頻度を理解しておく必要があります。

副作用は、下記のような発生頻度別で、リスクが紹介されています。

  • 発生頻度10%以上
  • 発生頻度1%以上10%未満
  • 発生頻度0.01%以上0.1%未満
  • 発生頻度不明

下記がロニテンの特に発生頻度が高い副作用と、その発生頻度です。

【発生頻度10%以上】

心膜炎

心膜炎とは、心臓が炎症を起こすことで、胸が痛くなったり呼吸が困難になる症状があります。

頻脈

脈拍が早くなる症状です。脈が速くなる原因は様々あるため、原因を明らかにするのが難しいことがあります。

多毛症

身体の髪の毛や、その他の毛が多く生えてきて毛深くなる症状です。ロニテンは高血圧の治療薬として利用されているため、毛が増える作用は副作用として記載されています。ノキシジルの内服はこの作用を逆手にとって、発毛のために使用するケースが多いのです。

頻脈

脈拍が早くなる症状です。脈が速くなる原因は様々あるため、原因を明らかにするのが難しいことがあります。

髪の毛の色の変化

髪の毛の色素が抜けて、色が変わることがあります。

発生頻度10%と言う考え方は、他の薬でも適応されているため、特筆して気にする必要はありません。

元の薬であるロニテンはFDAからも承認されているため、使い方を誤らなければ基本的には安全な薬です。

ただし、使用方法を間違えないということは一般の方には難しく、服用に当たっては医師や薬剤師などと相談する方がよいと言われています。

2016/09/30