ミノキシジルタブレット(Lloyd製)の紹介



ミノキシジルタブレットとミノキシジルタブレット(Lloyd製)

ミノキシジルタブレットは、外用薬より効果が高いことや即効性があることが人気となっている内服薬です。

ミノキシジルタブレット(Lloyd製)は、いくつか商品がある中の主力商品の一つです。

血行を促進して発毛を促す効果があるミノキシジルは、ミノキシジル内服薬『ロニテン』として正式に発売されました。

そしてそのジェネリック薬として発売されたのがLloyd製のミノキシジルタブレットです。

人気のミノキシジルタブレットですが、人気を2分しているのがこのLloyd社のミノキシジルタブレットとTO Med社のノキシジルです。

実際に二つの商品で、どちらが良いか迷われている方も多いようです。

実はこの2製品には、商品としては大差はないと言えます。

どちらも海外製のジェネリック薬なので、どちらも甲乙つけがたい良い商品です。

今回はLloyd社のミノキシジルタブレットの特徴をご紹介します。

Lloyd社のミノキシジルタブレットは、正式名としてはフィリピンのLLOYD LABORATORIES社によるミノキシジル内服薬です。

商品はミノキシジル50mgと100mg配合の2種類があります。

価格は1日1錠で、1本100錠入で約3カ月用となります。

ミノキシジルタブレット(Lloyd製)のメリットとデメリット

このミノキシジルタブレット(Lloyd製)には次のような利点があります。

一つ目はなんといっても安めの価格です。

50mgタイプで約3,700円、100mgで約4,000円とミノキシジル内服薬『ロニテン』よりずっとお得に購入することができます。

そしてもう一つは販売会社のLLOYD LABORATORIES社についてです。

LLOYD LABORATORIES社はフィリピンの首都マニラにオフィスを構える製薬会社です。

フィリピンやインドを中心に、製薬業界をリードする信頼のおける会社する。

そしてフィリピンルソン島中部のブラカン州の州都であるマロロス市に工場があります。

ここで製造をはじめ研究なども行われており、研究開発にも積極的な会社です。

創業は1989年と歴史もあります。

そしてフィリピン以外にもインド、インドネシア、シンガポール、タイ、アメリカ、ベトナムなど世界各国に拠点を持ち、ワールドワイドな事情展開を行っています。

なんと年間売上高は1億ドル以上にのぼります。

当社は、ミノキシジルタブレット以外にも不眠症治療薬、ダイエット薬など幅広い製品を取り扱っています。

このように会社としての信頼度が高いのはLLOYD LABORATORIES社の魅力と言えそうです。

さらに付け加えると、ミノキシジルタブレット(Lloyd製)のパッケージは、ボトル入りなので見た目的にも男性にうけています。

これなら育毛剤として置いてあってもちょっとカッコいいですね。

Lloyd製はミノキシジルタブレットとして大変安価な部類ですが、数百円ですがライバルのTO Med社のノキシジルより高めです。

唯一の劣る点ですが、数百円なので大差はないと言えそうです。



2017/02/12