ロニタブの紹介

ミノキシジルタブレットとロニタブの特徴

ロニタブはインタスファーマ社が製造、販売を行っているロニテンのジェネリック薬です。

ミノキシジル内服薬『ロニテン』はミノキシジルの内服医薬品として販売がスタートしました。

頭皮に塗布する外用ミノキシジルよりも、直接体内に摂取することができるので、高い発毛効果があるこが確認されています。

AGA治療はリアップやロゲインなどの外用薬が有名ですが、タブレットタイプとしてはロニタブも人気商品の一つです。

血液で頭皮まで送られるので、発毛効果が高いことに加え、即効性があるのが人気となっています。

ロニタブの主成分はミノキシジルなので、服用することで身体の血流を高め頭皮にもその効果が発揮されます。

そして血行促進されることで、髪により多くの栄養が行きわたります。

外用薬は頭皮に直接塗り込むときに、塗りむらができたりするのが不満点だったのですが、それを解消したのがミノキシジルタブレットです。

そしてロニタブは用タイプの育毛剤と比べ、生え際の発毛や育毛にも効果があると言われています。

ロニタブは5㎎と10㎎の製品がありますが、初めての飲まれる方は5㎎から使用がオススメです。

内服型のミノキシジルは、血管拡張をする反面多毛症や低血圧症を引き起こす可能性がありますので、低い濃度からのスタートが安心できます。

ロニタブのメリットとデメリット

ロニタブのメリットは、インドのインタスファーマ社によって作られているジェネリック医薬品なので日本国内からでもとても簡単に購入できることです。

また安価なのも人気となっています。

5㎎1錠当たり約250円、1箱10錠入りで約2500円です。

10㎎は1錠あたり約300~350円と少し割高となっています。

そしてロニタブを海外輸入で購入するメリットは、容易に手に入ることもあります。

海外では認可された成分なので、日本での購入には海外輸入が便利です。

特にロニタブならインドの大手医薬品メーカーのインタスファーマ社が販売しているので、ミノキシジルの中でも信頼度が高い製品です。

そしてもう一つは10錠入り、30錠入り、50錠入りと量を選ぶこともできる点もロニタブの良い点です。

10錠入りの少量から販売されているので、初めての利用なので、まずは少量で試してみたいという方に最適です。

10錠を購入して様子をみる、体に合うかを確かめるということも可能です。

海外通販では一度購入すると返品等は難しいですが、10錠や30錠など少量から購入できるモニタブなら万が一のリスクも少ないです。

2016/08/05