ロゲインの紹介

ロゲインの特徴

ロゲインは、アメリカのアップジョン社により1980年代に発売された世界初のミノキシジル配合育毛剤です。

発売時はミノキシジル濃度2%として開始されました。

現在では、5%まで配合が上がりました。

日本の大正製薬から販売されているリアップX5と同じ濃度となっています。

リアップの海外版として、人気の高い商品です。

最近は、ミノキシジル配合の育毛剤はたくさんありますが、中でも根強い人気で愛用者が多いのがロゲインです。

特に海外の発毛剤に興味がある方に人気です。

リアップの元祖の商品なので、日本でも信頼度が厚いです。

リアップとロゲインの違い

ロゲインは、リアップの海外版として利用される方が多いです。

最近は、多くの通販サイトで簡単に購入することができます。

リアップと比較しても成分面では遜色ありません。

この2商品には、ほご同じ成分が配合されています。

効果も同じであると言えます。

唯一の違いとしてはリアップは日本で承認を得た医薬品であるということです。

ロゲインは大手薬品メーカーとはいえ、海外製品であることに違いありません。

同じ濃度、効果なら日本製の物が良い、あるいは海外製のものが良いという好みの問題になります。

そして価格については、日本のリアップは定価7400円です。

そしてロゲインもだいたい同じです。

平均的に50ドルぐらいからなので、価格には大差はありません。

円ドルの為替レートによって、これはかなり変動するので、販売価格が変動することも注意し置きましょう。

ロゲインのラインナップ

ロゲインは3種類販売されています。

5%ミノキシジル配合、液状タイプとロゲインフォームという泡状のタイプがあります。

液状タイプは、スポイトが別売りになっています。

2種類とも(液体タイプは、フォームタイプ)とも1本60mlの容量で、1ヶ月1本の使用が目安となっています。

そしてロゲインには女性用もあります。

ロゲイン女性用(Rogaine for women)は、ミノキシジル濃度は2%となっています。

容量は1本60mgで同じく男性用ロゲインと同じく1ヶ月1本の使用です。

女性用としてはリアップレジェンヌ(女性用)より高濃度ですので高濃度のミノキシジル配合を希望する女性にとっては必見です。

海外製品なら高濃度の使用が可能です。

このようにロゲインがオススメな方は、海外製品に興味があり、信頼度が高いものが良いという方です。

また女性にとっては高濃度のミノキシジルを希望する方にも最適です。

2016/08/13