アクタビス(Actavis)5%の紹介

アクタビス(Actavis)5%は、ローションタイプの育毛剤です。日本国内では最も有名な「育毛剤リアップx5プラス」、輸入医薬品では育毛剤フォリックFR05(旧NR-07)と同じミノキシジル5%配合です。



育毛剤アクタビスとは

アクタビスは、アイルランドに本社を置く世界最大のジェネリック医薬品メーカーのアクタビス社が製造販売している育毛剤の医薬品です。また、アクタビスは日本国内では未承認医薬品の取り扱いとなるため使用する場合は個人で輸入する必要があります。

アクタビスには種類が2つあります。男性のみ使用できるミノキシジル5%が配合されている”アクタビス5%”と女性も使用できる男女兼用のミノキシジル2%が配合されている”アクタビス2%”です。ミノキシジルが配合されていて男女兼用で利用できるローションタイプ育毛剤は大変珍しいです。

またジェネリック医薬品と聞くと、効果が弱くなる、安全面の心配をされる方もいるかと思いますが、ジェネリック医薬品とは新薬として開発された医薬品の特許期間が満了したため他のメーカーで製造されていた元の医薬品と同成分で作られています。ジェネリック医薬品が安価なのは新薬開発のための研究費が抑えられているためです。

※現在アクタビス社はアメリカのアラガン社と合併したため、地域によってはアラガン社の名前となっている場合があります。

アクタビスに配合されている有効成分ミノキシジルとは

ミノキシジルは、最初はアメリカで血管拡張剤として開発され血管降下剤(高血圧の治療薬)として使用されていました。後になって発毛効果があると発見され育毛剤(発毛剤)として使用されることになりました。最初育毛剤としてミノキシジル2%を配合して製造されたのがロゲイン(Rogain)2%です。このロゲインのジェネリックとされるのがアクタビスです。

血管降下剤がなぜ発毛効果があったかというと、血管降下剤は血流を良くする薬です。そのため毛細血管を活性化させるため発毛作用があったようです。

毛髪サイクルは、「成長期」→「退行期」→「休止期」があります。AGA(男性型脱毛症) の原因とも言われているジヒドロテストステロン(DTH)が毛髪サイクルを乱しています。ミノキシジルは毛髪サイクルの「成長期」に毛細血管の血流を良くすることで発毛を促すとされています。

また、日本皮膚科学会が発表した『男性型および女性型脱毛症診察ガイドライン』でもミノキシジルが発毛効果が高いと記載されており、男性はミノキシジル5%、女性は1%を外用薬として使用することを勧められています。

育毛剤アクタビスの正しい使い方

※入浴後などの頭皮が清潔な状態で使用してください。

・1日2回(朝・夕)
・1回の使用量1ml
・すぐに洗い流さない

使用後すぐには効果が出ません。半年ぐらいを目安にご使用ください。
また、アクタビス5%は女性は使用できないので注意してください。

育毛剤アクタビスの副作用

アクタビスは先に記した通り、医薬品となります。そのため副作用を起こす可能性があることを理解して使用しましょう。

アクタビスだけではないのですが、ミノキシジルが配合されいてる育毛剤の大半に含まれているプロピレングリゴール(PG)とアルコールの成分によってかゆみ、頭皮のかぶれ、動悸など引き起こす場合があります。もしそのような症状がでた場合は直ちに使用をやめて医師に相談しましょう。

まずは容量・用法を守って使用してください。1日に容量を多く使ったからといって症状が改善するわけではありません。

アクタビス購入方法

先に記した通り、アクタビスは医薬品の取り扱いとなるため使用するには海外から個人輸入しないといけません。海外から輸入と聞くと難しく考えてしまいがちですが、国内には海外医薬品の輸入代行を行なっている会社が数多くあります。アマゾンや楽天などで買い物するのと同じ要領で購入が可能です。

但し、あくまでも”自分用”での購入となるため購入数制限が設けられています。
アクタビス5%であれば1ヶ月1本となるため前回の購入から1か月程期間をあける必要があります。また転売などは違法となりますので注意してください。

まとめ

この記事にはアクタビスについて記載させていただきました。

・育毛剤アクタビスとは
・アクタビスに配合されている有効成分ミノキシジルとは
・育毛剤アクタビスの正しい使い方
・育毛剤アクタビスの副作用
・アクタビス購入方法

薄毛で悩まれている方には、アクタビスはジェネリック医薬品のため国内の育毛剤と比べても安価で購入することができ、育毛剤は長期間使用するものなのでお財布に優しいです。また初めて利用したい方でも製造メーカーも世界的に有名な会社のため安心して使用できるのではないでしょうか。