ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果の発見

ミノキシジルの効果は、細胞分裂を活性化させて髪を成長させることができるということです。

ミノキシジルは直接的に毛母細胞に働きかるのでとても高い効果が確認されています。

それが毛母の細胞分裂を活性化に繋がり、結果的に髪を成長させることとなります。

ノキシジルはアメリカのアップジョン社が開発した発毛促進成分です。

毛細血管を拡張させて血圧を下げるために医薬品として用いられていましたが、高血圧患者に使用する経口血圧降下剤として使用した患者の体毛が濃くなったことが副作用として発見されたのが始まりです。

そしてこれを育毛剤の作用として活用されることが発見されました。

育毛剤にとっては、発毛や育毛の有効成分となりました。

ミノキシジル、1970年代から臨床実験が続けられ、1980年代には日本ではロゲインが初めて発売されました。

発毛促進の革命的な誕生です、今でもミノキシジルは人気の育毛剤の有効成分となっています。

ミノキシジルの効果のメカニズム

実はミノキシジルの発毛のメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と言われているものの、まだ詳しく分かっていません。

例えば、同じ脱毛症治療薬のフィナステリドは薬の作用が異なるので、併用すると効果が高まると言われています。

フィナステリドの薄毛防止とミノキシジルの発毛の相乗効果です。

現状では、臨床実験や体験者などの効果を鑑みて、実際に効果があった人が多ければ、“効果あり”とみなされているのが実情です。

ミノキシジルの外用液と内服液の効果のポイント

ミノキシジルの外用薬の場合、皮膚吸収となるため効果は内服薬と比べると劣ります。

しかし副作用のリスクも最小限におさえられるという良い点もあります。

外用育毛剤では頭皮の毛穴から浸透するので、使用した時に最も効力があがります。

内服薬の場合は血流に溶け込んで作用するので、効果が長期間に及びます。

そして内服タイプのミノキシジルが高い相乗効果を生むのも確かです。

海外のミノキシジル医薬品の実証研究などでも内服薬ではミノキシジルには効果を発揮する効率が非常に高くなっています。

アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)が認可している医薬品となっています。

そのことからも人体に無害の量でのノキシジルが認可され、現在商品化されています。

5%と10%が治療に有効な基準として発表、認可に至っています。

日本でも個人輸入による入手が可能な便利な商品が増えています。

2016/08/05