ミノキシジルの副作用とは?

ミノキシジルはもともと血圧を下げるお薬だったこともあり、筋肉の弛緩、血管の拡張など人体に影響の大きい成分です。

そのため、多くの方は“もしかして副作用があるのでは?”と心配されるかもしれません。

主な可能性がある副作用は次のようなものがあります。

低血圧

ミノキシジルのもともとも薬効である血圧下降があります。

そのため高血圧の方には、これは効能となるのですが、健康な方や血圧の低い方にとっては、悪影響になることがあります。

血圧には適正範囲があります。

もしそれを上限、下限が下回ると低血圧症となります。

服用直後にもし、次のような症状が現れたら、低血圧症の可能性があります。

低血圧症に見られる症状は、めまい、頭痛、不眠、冷え性、食欲不振、体調不良、不整脈などがあります。

特にミノキシジルを飲まれた方には、“心臓がドキドキする”、“息苦しい”と感じる方が中にみえます。

このような症状があれば、もしかするとミノキシジルが体調に合わないタイプの方かもしれません。

量などを調節して、低配合のものにするなどの工夫をして使用しましょう。

多毛

もう一つは、体毛が濃くなったと感じる方も多いです。

例えば、すね毛や胸毛、ひげが濃くなったと多くの方が感じられています。

このような症状が見られたら自己処理をするか、男性の方であれば、程度によっては許容される方も多いです。

“髪が生え始めたのだから、多少体毛が濃くなってもいい”という方もいらっしゃいます。

一方で女性の場合は、少々注意が必要です。

これが女性へミノキシジルが推奨できない理由の一つとなっています。

特に脱毛などで体毛がなるべく生えないように処理している方にとっては、これは致命的な副作用です。

是非このような副作用があるかもしれないことを念頭においてミノキシジルはご使用下さい。

ニキビや肌トラブル

そしてミノキシジルの血行促進効果が体の血行が良くなると頭皮が分泌されやすくなる面があります。

特に男性の場合もともと体温が高いので、高まった体温で汗をかきやすくなります。

そして皮脂がたくさん分泌され、ニキビが出来やすくなることがあります。

また皮脂分泌が高まることで、毛穴詰まりなどが原因で肌の炎症を起こすこともあります。

一方で外用液の場合、皮脂が弱い方は肌荒れやなどが見られる場合もあります。

性的不能や性欲減退

ミノキシジルを使い始めてから、性的不能や性欲減退などを感じる方があります。

この副作用とミノキシジルの因果関係ははっきりと証明されてはいません。

また女性ではこのような影響を懸念して妊娠や授乳中の女性は服用が推奨されていません。

妊娠中や授乳中の方はご使用を控え下さい。

2016/08/11