ミノキシジルの基本

ミノキシジルの始まり

ミノキシジル(Minoxidil)は、もともと血管拡張剤として開発された薬の成分です。

その後、発毛効果があることが確認され、その効果が発毛剤の有効成分として活用されたのが始まりです。

海外では、Rogaine(ロゲイン)が初の商品です。

日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップが発売されました。

ミノキシジルの商品発売

ミノキシジルは、1960年代にアップジョン社が初めて商品化しました。

もともとは高血圧の経口薬としてスタートしましたがその副作用として、髪や体毛が濃くなることが確認されたので脱毛症を回復させるため、育毛剤へ配合されるようになりました。

海外で初めてアップジョン社がロゲインを発売したのは1980年代です。

初代の商品は2%のミノキシジル外用溶液でした。

日本国内ではミノキシジルを成分とした内服薬であるロニテン(Loniten)が発売が開始されました。

このようにミノキシジルは30年以上の長い歴史がある育毛剤の成分なのです。

ミノキシジルのジェネリック薬

そして日本では、ジェネリック医薬品を個人輸入の形で入手できるようになりました。

現在まで、国内では高血圧の治療のための血管拡張薬として服用されているので、重篤な症状を引き起こす可能性はないものの、体毛が濃くなるなど一部の人に見られる副作用については今なお注意が必要であると言われています。

日本でのミノキシジルの商品化

日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品としては現在発売されていません。

大正製薬が一般用医薬品として開発を行い1999年にリアップが発売されました。ミノキシジル成分1%です。

さらに女性用に特化したリアップレディも2005年に発売され、2009年にはミノキシジルの濃度が5%のリアップX5が男性用育毛剤として発売されました。

濃度や価格面では、今のところ海外商品のほうがメリットが高いと感じる人が多く、海外商品の個人輸入が人気の入手方法となっています。

ミノキシジルの発毛作用

毛成長のメカニズムについては、ミノキシジルの毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化が有効に働くためだと考えられています。

ただ詳細はそれほど明らかではありません。

これまでに、他の商品との併用で効果が上がることや、2種類あるミノキシジル育毛剤、外用薬と内服薬では内服薬により発毛効果が高いことなど利用者レビューや多くの利用者の実体験からも分かっています。

現状、臨床実験などで確認される段階ですが、多くの効果が期待できる成分となっています。

2016/08/05